当ブログではアフィリエイト商品リンクを利用しています。

キーボード・マウス

トラックボールマウス【レビュー】|ProtoArc EM01とサンワサプライ MA-BTTB179BKの2機種を使ってみた。

2024年2月1日

ガジェット

ambie AM-TW01のレビュー|耳をふさがないイヤカフ完全ワイヤレスイヤホン

ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホン ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホンということで、周りの音をシャットアウトすることなくイヤホンを使いたい、リビングなどで自分の世界に閉じこもることなくイヤホンを楽しみたい、といった方に最適なイヤホンだと思います。 耳を塞がないことで周りの音は普段通り聞こえますし、周囲のかたにも余計な気をつかわせなくてもすむ。そんなイヤホンです。 ambie AM-TW01のスペック ambie AM-TW01のスペックは下記の通りで ...

Kindleスクライブ

ガジェット

【レビュー】Kindle Scribe (キンドル スクライブ)の購入後レビュー|大画面で読みやすい、動作もサクサクで使いやすい。

Kindle Scribe (キンドル スクライブ)を買ってみた。ということで購入後3ヶ月程度経過しましたので、レビュー記事をお届けしたいと思います。 Amazon Kindle Scribe (16GB) キンドル スクライブ 10.2インチディスプレイ Kindle史上初の手書き入力機能搭載 プレミアムペン付き B09BRLNXJPposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング Kindle Scribeを買った理由 従来は50MBまでの制限があったSend to kind ...

GR3x

ガジェット ブログ運営

GR3xの購入後レビュー|高級コンデジは満足度が高い|センサーサイズはAPS-C|

ブログ用写真を強化するためカメラを購入した。 ブログ用の写真を強化するために以前カメラスマホとしてLeitzPhone1を購入しましたが、やはりカメラのほうが良い写真は取れるよな~なんておもっていました。カメラといったらやっぱり一眼(ミラーレス含む)だと思うのですが、一眼は自分にはまだ早い。 一眼に手をだしてしまったら、ブログよりも一眼に気を取られてしまうような気がしてちょっと心配。 ということでまずは自分にあったコンデジを探そう。という方針に定まりました。 スペック比較(コンデジで比較) コンデジは用途 ...

サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110の正面

おすすめ記事 ガジェット

【レビュー】サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110|テレビ向けスピーカーがシンプル設計で使いやすい。

ご案内 こちらの記事で使用したサウンドバーは、サンワダイレクトのアンバサダー(サンバサダー)として、ご提供をいただきました。 サンワダイレクトのサウンドバー 400-SP110 今回はサンワダイレクトのサウンドバー、400-SP110です。 こちらのサウンドバーはテレビ用サウンドバーということでシンプル設計になっています。付属リモコンでの操作もシンプルでとても使いやすいです。 ボタン数が少なくて迷わない。 サウンドバー スピーカー テレビ用 HDMI 電源連動 ARC対応 Bluetooth 70W 光デ ...

BenQ LaptopBarを取り付けた画像

おすすめ記事 ガジェット 環境づくり

【レビュー】BenQ LaptopBarを使ってみた感想|ノートPC用モニターライトの使い方解説

BenQ Smart Lighting ノートPC用モニターライト 今回は、ノートPC作業時の環境整備にとっても役立つグッズ、BenQ LaptopBar ノートPC用モニターライト。 こちらのモニターライトは抽選で当選しました。とても嬉しい。実際につかってみての感想や、使い方を解説したいと思います。 さっそく開封。 外箱はこんな感じです。 箱を開封するとこんな感じ。 モニターライト本体を取り付ける用のマグネットシールが2枚付属します。 内容物は本体、バッテリー、充電ケーブル、ケースになります。 マグネッ ...

トラックボールマウスは、細かい操作をする仕事用にはあわず、使いづらくて手放してしまいましたが、やはり身体負担が少ないメリットは魅力です。
負担を軽減したい、筆者としてはまだ諦めきれない。今回はトラックボールマウス2機種を用意し、再挑戦をしてみました。
トラックボールマウス選びの参考になれば幸いです。

ProtoArc EM01

1個めのマウスは ProtoArc EM01です。
ロジクールのMX Ergoに似た雰囲気がしていますが、価格はかなりリーズナブル。

ProtoArc EM01は静音ボタンを搭載しています。
ロジクールのMX Ergoは静音ボタンではないのでProtoArc EM01のほうが筆者好みです。

デバイス3台を切り替えて接続できます。
接続先1は付属のUSBレシーバーに対応していて、接続先2と接続先3はBluetooth接続に対応します。

電池はUSB-Cによる充電式。

RGBのライト搭載。

トラックボールの周囲が、ゲーミングっぽいRGBライトがピカピカしてキレイです。
こういったライトは、どうしても電池持ちが悪くなるので、普段はオフにするのが良いと思います。

ライトのオフは、手前のサイドボタンを長押しすることでオフにできます。
ストリーマモード(デフォルト)→呼吸モード→混合色呼吸モード→ネオンモード→ストリーマモードの順で。

  • ストリーマモードはカラーがくるっと回転したようなモーションの後色が変わるを繰り返すモード
  • 呼吸モードは単色が明るくなったあと、暗くなって、色が変わって明るくなって、暗くなってを繰り返すモード
  • 混合色呼吸モードは単色ではなくて複数色で明るくなって、暗くなって、色が変わって明るくなって、暗くなってを繰り返すモード
  • ネオンモードは、青、紫、ピンク、赤、オレンジ、黄色、黄緑、緑、水色の順に色が変わっていくモード

となります。

角度調整は2段階

マウスをおいたときの傾きの角度は、2段階で調整できます。

特徴

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

特徴は

  • クリック音が静音ボタンのためとても静かです。
  • 進む・戻るの再度ボタンは人差し指の左側にあります。
  • 左ボタンと右ボタンの間にあるホイールの下ボタンで接続先1~3の切り替えができます。
  • サイドボタンはRGBライトの切り替えボタン(上)と、DPI変更ボタン(下)

になります。

サンワサプライ MA-BTTB179BK

角度が垂直に近くて自然な持ち心地です。
ケンジントンのトラックボールマウスPro Fit Ergoに似た雰囲気がしています。
こちらもリーズナブル

別売りのトラックボール(黒色)に入れ替えてみた写真が下記になります。


カラバリが豊富なので自分好みのカラーに変更できます。

特徴

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール◯(チルト)

その他特徴は

  • ホイールはチルト対応なので、ホイールを横に倒すことで横スクロールができます。
  • 手首の角度がしっかりついて、良い感じです。
  • バッテリーは単3電池2本になります。
  • サイドボタンは奥から進むボタン、戻るボタン、一番手前がカーソルスピード変更ボタンとなります。
  • カーソルスピード変更ボタンでは、800→1,200→1,600→400→800の順に変動します。
  • 底面にある左側ボタンでペアリングモートになり、底面の右側ボタンで接続先を切り替えできます。
  • Bluetooth接続の設定ができ、デバイス3台まで登録できます。
  • 接続先は1.水色、2.青色、3.緑色と色で判別する方式になります。

となります。

まとめ

今回はトラックボールマウス2機種を用意しましたが、サンワサプライ MA-BTTB179BKのほうが自分にはあっていたようでした。
いくつかあるレギュラーメンバーのマウスのひとつとして、今後すこしづつ使いこなしていこうと思っています。

トラックボールマウスは別売りのボールに入れ替えることもできて、自分好みにすることもできます。

身体にも優しい構造のトラックボールマウス、お試しいただければ身体の不調が軽減できて、デスクワークが楽しくなるかもしれません。
ぜひお試しあれ。


オアシスです。
XthreadsGoogleニュースで更新案内が確認できます。
お問い合わせはこちらからお願いします。


ガジェット

ambie AM-TW01のレビュー|耳をふさがないイヤカフ完全ワイヤレスイヤホン

ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホン ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホンということで、周りの音をシャットアウトすることなくイヤホンを使いたい、リビングなどで自分の世界に閉じこもることなくイヤホンを楽しみたい、といった方に最適なイヤホンだと思います。 耳を塞がないことで周りの音は普段通り聞こえますし、周囲のかたにも余計な気をつかわせなくてもすむ。そんなイヤホンです。 ambie AM-TW01のスペック ambie AM-TW01のスペックは下記の通りで ...

Kindleスクライブ

ガジェット

【レビュー】Kindle Scribe (キンドル スクライブ)の購入後レビュー|大画面で読みやすい、動作もサクサクで使いやすい。

Kindle Scribe (キンドル スクライブ)を買ってみた。ということで購入後3ヶ月程度経過しましたので、レビュー記事をお届けしたいと思います。 Amazon Kindle Scribe (16GB) キンドル スクライブ 10.2インチディスプレイ Kindle史上初の手書き入力機能搭載 プレミアムペン付き B09BRLNXJPposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング Kindle Scribeを買った理由 従来は50MBまでの制限があったSend to kind ...

GR3x

ガジェット ブログ運営

GR3xの購入後レビュー|高級コンデジは満足度が高い|センサーサイズはAPS-C|

ブログ用写真を強化するためカメラを購入した。 ブログ用の写真を強化するために以前カメラスマホとしてLeitzPhone1を購入しましたが、やはりカメラのほうが良い写真は取れるよな~なんておもっていました。カメラといったらやっぱり一眼(ミラーレス含む)だと思うのですが、一眼は自分にはまだ早い。 一眼に手をだしてしまったら、ブログよりも一眼に気を取られてしまうような気がしてちょっと心配。 ということでまずは自分にあったコンデジを探そう。という方針に定まりました。 スペック比較(コンデジで比較) コンデジは用途 ...

サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110の正面

おすすめ記事 ガジェット

【レビュー】サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110|テレビ向けスピーカーがシンプル設計で使いやすい。

ご案内 こちらの記事で使用したサウンドバーは、サンワダイレクトのアンバサダー(サンバサダー)として、ご提供をいただきました。 サンワダイレクトのサウンドバー 400-SP110 今回はサンワダイレクトのサウンドバー、400-SP110です。 こちらのサウンドバーはテレビ用サウンドバーということでシンプル設計になっています。付属リモコンでの操作もシンプルでとても使いやすいです。 ボタン数が少なくて迷わない。 サウンドバー スピーカー テレビ用 HDMI 電源連動 ARC対応 Bluetooth 70W 光デ ...

BenQ LaptopBarを取り付けた画像

おすすめ記事 ガジェット 環境づくり

【レビュー】BenQ LaptopBarを使ってみた感想|ノートPC用モニターライトの使い方解説

BenQ Smart Lighting ノートPC用モニターライト 今回は、ノートPC作業時の環境整備にとっても役立つグッズ、BenQ LaptopBar ノートPC用モニターライト。 こちらのモニターライトは抽選で当選しました。とても嬉しい。実際につかってみての感想や、使い方を解説したいと思います。 さっそく開封。 外箱はこんな感じです。 箱を開封するとこんな感じ。 モニターライト本体を取り付ける用のマグネットシールが2枚付属します。 内容物は本体、バッテリー、充電ケーブル、ケースになります。 マグネッ ...