当ブログではアフィリエイト商品リンクを利用しています。

おすすめ記事 キーボード・マウス

【マウス】デスクワーク・仕事用のおすすめ|使いやすさ、疲労対策のマウス選び

2023年1月14日

ガジェット

ambie AM-TW01のレビュー|耳をふさがないイヤカフ完全ワイヤレスイヤホン

ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホン ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホンということで、周りの音をシャットアウトすることなくイヤホンを使いたい、リビングなどで自分の世界に閉じこもることなくイヤホンを楽しみたい、といった方に最適なイヤホンだと思います。 耳を塞がないことで周りの音は普段通り聞こえますし、周囲のかたにも余計な気をつかわせなくてもすむ。そんなイヤホンです。 ambie AM-TW01のスペック ambie AM-TW01のスペックは下記の通りで ...

Kindleスクライブ

ガジェット

【レビュー】Kindle Scribe (キンドル スクライブ)の購入後レビュー|大画面で読みやすい、動作もサクサクで使いやすい。

Kindle Scribe (キンドル スクライブ)を買ってみた。ということで購入後3ヶ月程度経過しましたので、レビュー記事をお届けしたいと思います。 Amazon Kindle Scribe (16GB) キンドル スクライブ 10.2インチディスプレイ Kindle史上初の手書き入力機能搭載 プレミアムペン付き B09BRLNXJPposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング Kindle Scribeを買った理由 従来は50MBまでの制限があったSend to kind ...

GR3x

ガジェット ブログ運営

GR3xの購入後レビュー|高級コンデジは満足度が高い|センサーサイズはAPS-C|

ブログ用写真を強化するためカメラを購入した。 ブログ用の写真を強化するために以前カメラスマホとしてLeitzPhone1を購入しましたが、やはりカメラのほうが良い写真は取れるよな~なんておもっていました。カメラといったらやっぱり一眼(ミラーレス含む)だと思うのですが、一眼は自分にはまだ早い。 一眼に手をだしてしまったら、ブログよりも一眼に気を取られてしまうような気がしてちょっと心配。 ということでまずは自分にあったコンデジを探そう。という方針に定まりました。 スペック比較(コンデジで比較) コンデジは用途 ...

サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110の正面

おすすめ記事 ガジェット

【レビュー】サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110|テレビ向けスピーカーがシンプル設計で使いやすい。

ご案内 こちらの記事で使用したサウンドバーは、サンワダイレクトのアンバサダー(サンバサダー)として、ご提供をいただきました。 サンワダイレクトのサウンドバー 400-SP110 今回はサンワダイレクトのサウンドバー、400-SP110です。 こちらのサウンドバーはテレビ用サウンドバーということでシンプル設計になっています。付属リモコンでの操作もシンプルでとても使いやすいです。 ボタン数が少なくて迷わない。 サウンドバー スピーカー テレビ用 HDMI 電源連動 ARC対応 Bluetooth 70W 光デ ...

BenQ LaptopBarを取り付けた画像

おすすめ記事 ガジェット 環境づくり

【レビュー】BenQ LaptopBarを使ってみた感想|ノートPC用モニターライトの使い方解説

BenQ Smart Lighting ノートPC用モニターライト 今回は、ノートPC作業時の環境整備にとっても役立つグッズ、BenQ LaptopBar ノートPC用モニターライト。 こちらのモニターライトは抽選で当選しました。とても嬉しい。実際につかってみての感想や、使い方を解説したいと思います。 さっそく開封。 外箱はこんな感じです。 箱を開封するとこんな感じ。 モニターライト本体を取り付ける用のマグネットシールが2枚付属します。 内容物は本体、バッテリー、充電ケーブル、ケースになります。 マグネッ ...

マウスは作業効率に直結するとても利用頻度の高いデバイスで、疲労に影響するとても重要なデバイスだと思います。

使わなくなったマウス達はほぼメルカリで売却してしまいましたが、中には買い戻したマウスもあり、自分にあったマウスを一度で引き当てるのはとても難しいです。
こだわりだしたら、筆者のようにマウス沼にハマります。ご注意ください。

そこで過去に実際に使用したマウス達(ロジクールマウスが多め)に感想・特徴を書き添える形式で紹介したいと思います。

M720R

M720r

特徴は以下のとおりです。

  • MXシリーズとは違うタイプですが高速スクロールホイールがついています。
  • 電池長持ちで端末3台の切り替え可能です。
  • ホイールを左右に倒すと横スクロールができるチルト機能があります。これは便利です。
  • 端末切り替えボタンが、サイドボタンと横並びの位置にあるのがちょっと気になりました。
静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール○(チルト)

MX ANYWHERE 3  MX1700GR

MX ANYWHERE 3  MX1700GR
  • ホイールがMagSpeed電磁気スクロールホイールという超高性能ホイールを搭載しています。
  • ホイールのフリー回転モードと通常回転モードを切り替えるボタンを搭載しています。
  • ホイールをくるくるする操作は意外と人差し指が疲れますがイールであれば疲れにくいです。
  • サイドボタン押しながらスクロールすると横スクロールができるので便利です。
  • 軽くて使いやすく持ち運びにも便利です。
  • サイズは小さめなので手のサイズと合わないかもしれない点には注意したほうが良いと思います。
  • バッテリー持ちは最大70日
  • ボタンが静音ボタンでない

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール○(サイドボタン+スクロール)


MX MASTER 2S

MX MASTER 2S

買うならセール時がよい

セール時に半額くらいで購入しました。
最近も事あるごとに半額近い価格になるセールをしているのを見かけているので、どうせ買うならそのタイミングを狙うのが良いのかなと思います。

特徴

高級マウスなので機能、見た目、質感、それぞれとても良い感じで気分も上がります。
持ち上げる動作の際には若干重さを感じました。
バッテリーの持ちは70日です。

ホイールが良い。

このマウスは搭載しているホイールが最高です。
回転がラクなので人差し指は疲れにくいかと思います。

横スクロール用のホイールもついていて操作が便利です。

気になる点

気になる点は

  • 値段が高い
  • マウスが重い
  • 静音ボタンではない
  • 充電用端子がmicro-b端子である点

です。

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

後継機は欠点が直って進化している。

後継機のMX MASTER 3Sは静音ボタンで充電用の端子がマイクロc端子なのでとても良いマウスに進化しています。


M575S

M575S

セール時がおすすめ

こちらもセール時に2割引くらいで購入しました。
セールの対象は色によっても違う印象を受けましたがこちらもちょくちょくセールで見かけますのでセール時を狙うのが良いと思います。

特徴

トラックボールマウスの名作。
肩こり予防のために仕事用に使うつもりだったものの、トラックボールマウス特有の普通のマウスとは違う操作感にイライラしてしまい、仕事用途には馴染みませんでした。
ただプライベートで利用の用途にはとても良かった印象です。

サイズも大きく、手をのせた感じがとてもしっくりきます。
ただし親指(トラックボール操作)と人差し指(ホイールくるくる)の疲労感は感じました。
ちなみに静音ボタンではないのでクリック音がカチカチいいます。

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

MXV1s MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス

肩こり・首こり対策のために、エルゴノミクスマウスのMX Verticalを購入してみました。

手の収まりがとても良い

マウスサイズが大きく筆者の手にはしっくりきました。
高級マウスのMXシリーズデザインがかっこいい。
その他機能面では、底面のボタンで端末3台が切り替えができ、DPI変更ボタンも搭載しています。

気になる点

ホイールがMXシリーズの高機能ホイールではないことと、静音ボタン搭載ではないことです。
また、サイズ感が特に大きいため、マウスを持った手をキーボードに移動する際、マウスに手が引っかかりやすいです。

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

LIFT M800

LIFT M800

こぶりなエルゴノミクスマウス

肩こり・首こり対策のために購入しました。

サイズ感もMX Verticalより小ぶりなのでマウスからキーボードへ手を移動させる動作では、MX Verticalよりはマウスに手が当たりにくく、改善されています。
ただし通常のマウスよりは高さがありますので、それでもまだ気になる人は気になるかもしれません。

MX Verticalから改良されてる。

ホイールも良質なものを搭載しています。さらに静音ボタン搭載でクリック感も良いです。
底面のボタンで端末3台を切り替え可能で、DPI変更ボタンも搭載している点は同じです。

ちなみに底面の電池カバーを外すと、こんな感じでレシーバーを差し込む場所があります。

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール○(サイドボタン+スクロール)

M650

手のサイズにあわせて、S/MサイズとLサイズを選べる

M650、写真は左がS/Mサイズ、右がLサイズ

M650

S/MサイズとLサイズの両方試してみたところ、筆者(手のサイズ19cm)の場合Lサイズのマウスを使ったほうが疲労感が残りませんでした。

筆者の手のサイズはちょうどロジクール公式のサイズガイドをみると、どちらのサイズにも適合する境界ラインの19cm程度です。両方試した結果、Lサイズが良かったです。

19cmより手の小さい方はS/Mサイズのほうが良いのではないでしょうか。

特徴

静音ボタン搭載でクリック感も良好です。
サイドボタンを押しながらホイールを回すと横スクロールもできます。
しかも4,000円程度で購入できコスパの良い良品です。

上記機種M750という選択肢もある。

上位機種のM750ではボタンでPC3台の接続切り替えができますが、M650は1台接続専用です。
Boltレシーバーが付属していますが、1台目のPCはBluetooth接続・2台目のPCはBoltレシーバーで接続、それをボタンで切り替える、というような使い方はできません。

M650 写真はLサイズ


静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール○(サイドボタン+スクロール)

Pebble M350

携帯性に優れているので持ち運びに便利です。
Bluetoothか、USB Type-Aで接続するUnifyingレシーバーでの接続か、を切り替えできます。
1台目のPCはBluetooth接続、2台目のPCはUnifyingレシーバーでの接続、でボタンで切り替えのような使い方もできます。

持った感じは、形が平べったいので手のフィット感がちょっと低い印象でした。
戻るボタンもなく、横スクロール機能はありません。

Pebble M350


静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

MX Master 3S

高級マウス。ホイールが最高です。
ボタンが静音仕様になり、充電端子がUSB Type-c端子に改良されています。
マウスにある程度重要性を感じているのであれば買う価値はあると思います。

詳細は別記事があります。

静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

MX Anywhere3S

MX Anywhere3の後継機MX Anywhere3S。

静音ボタンに進化しました。

MX Masterマウスにも搭載されている、ハイパー高機能ホイールのフリー回転モードが最高です。

このマウスはホイールの下にあるボタンを押すと通常のホイールモードとフリー回転モードを切り替えできます。
通常のホイールモードの場合でも勢いよくホイールを回転させることで高速スクロールが行なえます。

ホイールくるくるの操作は指が疲れるので疲労対策にバッチリです。
マウスも高性能なのですが、このホイールが特に高性能なので画面スクロール用に左手で使ってもいいかもしれません。
デュアルマウス体制で疲労対策とか、どうでしょうか。


静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール○(サイドボタン+ホイール)


エレコム ワイヤレスマウス EX-G M-XGL30BBSK

エレコム ワイヤレスマウス EX-G M-XGL30BBSK

「AskDoctors評価サービス」認証のマウス。
医師と共同開発で手首と指の負担を抑えた使い心地になっているとのことです。


静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

実際に使ってみた印象としては手の収まりがすごく良いということ。
でもなんだか使っていると手首のあたりにほんのり違和感を感じるので、エルゴノミクスマウスのほうがより身体に優しい印象があります。
ホイールは普通なので特別指が疲れにくいということもありません。

エルゴノミクスマウスがちょっと苦手なんだけど、健康面を考慮したい方向けなマウスだと思いました。

手のサイズによってS、M、L、XLの4サイズあります。

エルゴノミクスマウス Delux M618C

続いてDelux M618Cというエルゴノミクスマウスです。
ロジクールのMX Virticalに似た雰囲気がしていますが価格はリーズナブル。

USBレシーバーモデルを誤って購入してしまいましたが、Bluetooth対応モデルもあります。
上記の型番はUSBレシーバーモデルになります。


静音
Bluetooth(無線)
指が疲れにくい
戻るボタン
横スクロール

使い心地はかなり良いです。

ただし、サイズはデカい。それが良い。
リーズナブルなので造りがシンプルなのか、見た目のわりに軽量です。

ひっくり返すと、すこし安っぽい雰囲気がします。
ただし実際にお手頃価格のマウスなので、これはこれでありだと思います。

RGBのライトを搭載していますが、電池持ちが悪くなるので普段はオフにして使っています。
サイドキーの2つを同時押しでオンオフの切り替えができます。

エルゴノミクスマウスであれば手首への負担が軽減できるので魅力的です。

上記のリンクはM618DB。こちらはBluetoothとレシーバー両方に対応しているモデルのようです。こちらを買えばよかった。

おまけ

最後におまけ。

ロジクールのマウスはBluetooth接続のほか、USBレシーバー(Boltレシーバー)に対応しているものが多いです。
Boltレシーバー接続であれば、PC側の接続デバイスにマウス名称が表示されなくなるというメリットがあります。

そのかわりBluetooth接続時のようにバッテリー残量が表示されなくなります。
Boltレシーバー接続の端末のバッテリー残量は、Logi optionアプリ上で確認できます。

まとめ

以上、マウスを実際に購入し、いろいろ使ってみた感想です。

筆者の場合ですが、下記の点を重視してマウスを選びました。

  • 静音
  • Bluetooth接続(無線)
  • 指が疲れにくい(ホイールが高機能で縦スクロールがしやすい)
  • 戻るボタンがある
  • 横スクロールできる

用途によっては不要な機能もありますし、いろいろ試すのも楽しかったりします。

自分が気に入ったマウスでPC操作をすることで気分もあがりますし、生産性向上も期待できます。
ぜひ自分にあったマウスを活用いただければと思います。

身体負荷を意識した場合のおすすめマウス(エルゴノミクスマウス)

Masterスペックのマウス

コスパ高めのおすすめマウス


オアシスです。
XthreadsGoogleニュースで更新案内が確認できます。
お問い合わせはこちらからお願いします。


下記はキーボードについて。

ガジェット

ambie AM-TW01のレビュー|耳をふさがないイヤカフ完全ワイヤレスイヤホン

ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホン ambie AM-TW01はイヤカフ型の完全ワイヤレスイヤホンということで、周りの音をシャットアウトすることなくイヤホンを使いたい、リビングなどで自分の世界に閉じこもることなくイヤホンを楽しみたい、といった方に最適なイヤホンだと思います。 耳を塞がないことで周りの音は普段通り聞こえますし、周囲のかたにも余計な気をつかわせなくてもすむ。そんなイヤホンです。 ambie AM-TW01のスペック ambie AM-TW01のスペックは下記の通りで ...

Kindleスクライブ

ガジェット

【レビュー】Kindle Scribe (キンドル スクライブ)の購入後レビュー|大画面で読みやすい、動作もサクサクで使いやすい。

Kindle Scribe (キンドル スクライブ)を買ってみた。ということで購入後3ヶ月程度経過しましたので、レビュー記事をお届けしたいと思います。 Amazon Kindle Scribe (16GB) キンドル スクライブ 10.2インチディスプレイ Kindle史上初の手書き入力機能搭載 プレミアムペン付き B09BRLNXJPposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング Kindle Scribeを買った理由 従来は50MBまでの制限があったSend to kind ...

GR3x

ガジェット ブログ運営

GR3xの購入後レビュー|高級コンデジは満足度が高い|センサーサイズはAPS-C|

ブログ用写真を強化するためカメラを購入した。 ブログ用の写真を強化するために以前カメラスマホとしてLeitzPhone1を購入しましたが、やはりカメラのほうが良い写真は取れるよな~なんておもっていました。カメラといったらやっぱり一眼(ミラーレス含む)だと思うのですが、一眼は自分にはまだ早い。 一眼に手をだしてしまったら、ブログよりも一眼に気を取られてしまうような気がしてちょっと心配。 ということでまずは自分にあったコンデジを探そう。という方針に定まりました。 スペック比較(コンデジで比較) コンデジは用途 ...

サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110の正面

おすすめ記事 ガジェット

【レビュー】サンワダイレクトのサウンドバー400-SP110|テレビ向けスピーカーがシンプル設計で使いやすい。

ご案内 こちらの記事で使用したサウンドバーは、サンワダイレクトのアンバサダー(サンバサダー)として、ご提供をいただきました。 サンワダイレクトのサウンドバー 400-SP110 今回はサンワダイレクトのサウンドバー、400-SP110です。 こちらのサウンドバーはテレビ用サウンドバーということでシンプル設計になっています。付属リモコンでの操作もシンプルでとても使いやすいです。 ボタン数が少なくて迷わない。 サウンドバー スピーカー テレビ用 HDMI 電源連動 ARC対応 Bluetooth 70W 光デ ...

BenQ LaptopBarを取り付けた画像

おすすめ記事 ガジェット 環境づくり

【レビュー】BenQ LaptopBarを使ってみた感想|ノートPC用モニターライトの使い方解説

BenQ Smart Lighting ノートPC用モニターライト 今回は、ノートPC作業時の環境整備にとっても役立つグッズ、BenQ LaptopBar ノートPC用モニターライト。 こちらのモニターライトは抽選で当選しました。とても嬉しい。実際につかってみての感想や、使い方を解説したいと思います。 さっそく開封。 外箱はこんな感じです。 箱を開封するとこんな感じ。 モニターライト本体を取り付ける用のマグネットシールが2枚付属します。 内容物は本体、バッテリー、充電ケーブル、ケースになります。 マグネッ ...